答えの見つけ方

こんにちは!叶多です!

占い師としてはやはり、問題解決のご相談をいただく事が多いし、私も出来るだけ問題解決に導いて行けるセッションをしていきたいなといつも思っています。

けど、そこで、時々「まてよ」と思う事もあるのが、誰かに相談をしたい時って、必ずしも「答え」を求めている場合ばかりじゃないという事。

答えそのものは、自分の中に持っている。だけど、誰かに聞いて欲しい。

もし、自分がそういう状態だったら、自分の持っている答えに自信を持ってて、変な話背中を押してもらいたくて相談に行く事がある様な気がします。


逆に、自分の中にも答えが見つからない時。何か答えが欲しいから焦って誰かに相談したくなる。けどそういう時に限って、相談しても答えがすぐに見つからない。そういう時って冷静になって考えると、その時は答えではなくて、共感が欲しかったんだなっていつも分かります。

答えというのは、早急に求めるものではなくて、じっくりと自分の気持ちを整理しながら見つけていくもの。

それこそが本当の答えに近いのかもしれない。

そう考えると、占いも、ただアドバイスをするのが良い場合だけではなくて、相談者様が自分の答えを見付けられるように寄り添う事が大事な時もあるんだなって思います。

答えが見つかるまでには、タイムラグがある事もある。

そうやって、気長に向き合うのも、占い師として大切にしないとならない事なのかなと思いました。

誰かに話を聴いてもらいたい時に、占いを活用していただくのもありかもしれません。あまり気負わず、聴いてもらいたいことがあるな、と思ったらお気軽にご相談くださいね☆彡



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示