繊細で損をしていると思っている方へ



こんにちは!叶多です☆突然ですが、日常生活で「何となく苦手だなぁ」って感じている事はありませんか?

例えば私が苦手な事を挙げてみると

・大きな声で話す人が怖いと感じてしまう

・血を見ると気分が悪くなってしまう

・攻撃的な内容や悲惨なニュースについて必要以上にストレスを感じてしまう

など。


その他にも色々あると思いますが、私はまず、必要以上に大きな音が昔から苦手です。

困ったことに、世の中には、「大きな声を出す事が良い」とされている文化もある様です。

「気合いを入れる」とか「頑張ろう!」とか。それはそれで良い事だし、素晴らしい事だから、

出来るだけ頑張ろうと思った。

だけど、ついていけなくなってしまった事がありました。

どうしても、「私には合わないしついていけない。」って魂が叫んでしまっていた事があったんです。

それを「良い」とされているからには、私も頑張らないといけないと思って頑張って

だけど、自分には合わなくて。

それに耐えられないのは自分がダメなんだと思ったりして。

周りの人の大きな声がストレスに感じてしまって、何で私はこんなに適応出来ないんだろうと悩んだことがありました。


そんな時に、音楽関係の方で褒めていただいた事がありました。

私はピアノの弾き語りをしているのですが、私の弾くピアノの音色が、とても癒されると言っていただけたのです。

その感想を下さったお客様は更に具体的に「歌に寄り添うようで、心が癒されました。丁寧な弾き方が魅力的です。」と言って下さいました。

その感想をいただいてやっと、自分の持っているものに何一つ損はないんだなと気付く事ができました。

ダイナミックな演奏には勿論憧れるし、大きな声で話せる人とか羨ましい。


けど、私には細やかな表現が出来たり、そんな世界を必要としてくれる人が居るんなら無理して苦手な事をするよりも、出来る事をするのがいいのかなって思いました。


そうしたら、全然損じゃないじゃない。


自分の持っているものを活かす事。それによって役に立つ事。これからは、そういう路を探していく方がいいのかなって思った瞬間でした。

最近はテレワークが推奨されていますね。私的には大歓迎です。これからは、水瓶座の時代なので、そういった多用な働き方が当たり前になっていくと思います^^

子どもの頃から登校しないで自宅のテレビで授業を受けたい派だったので、ようやく自分の願望が叶ったなと思ってます!


ちょっとまとまりなくて申し訳ないんですが、

繊細さはコンプレックスじゃなくて

人生に活かせる経験値になるし

自分に出来ない事よりも、自分だからできる事にフォーカスしていく事が、自分を克服する力なのかなって思いました!


閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示