話し下手の書き上手~12ハウスの水星~

毎日暑いですね、叶多です☆

夏の夜空ってなんかずっと見ていたくなりますねぇ☆彡


今日は西洋占星術をもとに「私のトリセツ」について少しお話ししたいと思います。


西洋占星術は、自分の生年月日と産まれた時間、場所を元にホロスコープという自分だけの天体の地図を作り、それを読む事で自分の性格や人生の傾向、適正なんかを読んでいく占い方です。


ホロスコープはいわば、自分のトリセツみたいなものですね。


得意な事と不得意な事も大体ホロスコープを読むと分かってきます。

学生の頃に就職活動なんかでよく「自己分析」とかするじゃないですか。


今思えば、学生の頃に自分のホロスコープが読めたらもっと人生設計やりやすかったのかもしれない!と思う!

それくらい、自分のトリセツって重要なんです。


今日は私のホロスコープの中でも「水星」に着目してみますね。


「水星」は言語、コミュニケーション、情報、分析する力を担当するなど、わりと頭脳寄りの星です。

セーラームーンのセーラーマーキュリーがメンバーの中で飛び抜けて頭が良いのは水星だからでしょう。


この水星があるハウスや星座によって、コミュニケーションの取り方だったり情報発信の仕方の傾向が見えてきたりします。


幼少期は特に酷かったのですが、

スピーチ的なものがものすごく苦手。


幼稚園の頃や小学生の頃、とにかく喋る事が苦手で仕方なくて、できれば学校行かないで勉強したいと思っていました。

ただし、文書で表現するのは得意だったので、将来は小説家になろうと思っていました。


文章は小説から論文まで全般的に得意で、大学入試も小論文で突破。

現在もライター業をしたり、小説を書いたりしています。


現在ではライブで歌ったりしている事で、人前で話す事にもだいぶ慣れましたが、やはり配信で喋る時には心の準備が必要です。


例えるなら私の場合、YouTuberよりもブロガーの方が適正あるなぁと思います。


それもそのはず。私の水星、12ハウスにあるんですよね。これを知った時すごい納得しました。


12ハウスってちょっと不思議なハウスで、今回初めて私のトリセツの話するのにいきなり12ハウスとかマニアックなところかい!

ってやつなんですけど(笑)


目に見えない世界(最近だとバーチャルやネットの世界も含まれます)、隠されたもの、障害などを担当するハウス。


12ハウスに水星が隠れているので、表だったコミュニケーション(スピーチとか)はあまり得意ではない

けれど、コツコツと人に見えないところで文章を書くのは得意。


更に、ネット上での情報発信を得意とするので、ブロガーやwebライターなんかで活躍しやすい。

ファンタジー小説を書くのも得意。

まさしく私の適正そのもの!


だから、スピーチが得意でないなら文章で勝負する

配信を無理してやるよりもブログで発信する

という感じが私にとってはやりやすいんですね。


12ハウスに水星があると分かった事で、自分の水星の活かし方は間違っていなかったんだと納得できました。


自分のトリセツを知るって大事ですね〜

ちなみに、この水星、火星とコンジャクション(重なっている)してるんです。

それはどう影響しているのか。


次回は私の火星について書こうと思います!

  

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

暑いですね!毎日お疲れ様です。叶多です! タロット占いのカードは、絵柄がそのままの位置で出る「正位置」と、逆さまになって出て来る「逆位置」とがあります。 どちらがいい悪いというのではなく、その時に出たカードの状態によって結果を読んでいきます。 その中で、時々遭遇するのが、「何でこんなに逆位置ばかり出るんだろう」と言わんばかりに悉く逆位置ばかり出るシチュエーションです。 逆位置の方が正位置よりも解釈