執着


「彼や彼女への執着を捨てることで次へ進展する」

みたいなことが書いてあるけど、私は必ずしもそうだとは思わない。


だって執着って書くとマイナスなイメージになるけど、それだけ一途に深く愛してるってことでしょ?


なーんだ。じゃあ、執着しててもいいんだ♪


ってなると、また話は変わってきちゃうんだけど。ほんと、難しいよね。


たとえば自分と同じ一途さ深さを相手にも求め始めたら、マイナスな執着に近づいているサインかも。

み愛の器は人それぞれ、大きさも形も違うもの。相手にとっての器いっぱいの愛を、あなたの器に注いでも、あなたの器が大きすぎて満たされないことだってあるかもしれない。満たされないから、あなたは相手が自分を愛していないんじゃないかって不安になりはじめて、どんどん執着の沼にはまり出す。


こうなると大変。

ちょっとした相手の態度や言葉全てに敏感になって、疑ったり自分自身を傷つけたりしてしまうの。


執着でいちばん怖いのはここだと思う。

相手を一途に深く愛していたはずなのに、自分で自分の気持ちに縛られてしまってるところ。


鎖に縛られないようにするためには、自分の気持ちに執着しないこと。

私は、彼(彼女)のことがこれくらい好きなんだ。

くらいに留めておくことも時には必要なの。


愛の器が満たされないときに、代わりになにで満たすか。

それは趣味かもしれない、仕事かもしれない。でも、そんなことが出来るようになったとき、あなたの魅力は絶対にアップしているはずよ!




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示